La France Farm
* * Welcome to my gallery * *
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/13(金)   CATEGORY: 番外編
nostalgia
02.jpg

皆さんお元気ですか。
久しぶりの更新です♪
なんとなく懐かしい風景だなって思ってもらえたら嬉しいです。
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● Re: Spitz弥生&namikoちゃんへ
Yuka | URL | 2009/02/15(日) 14:21 [EDIT]
メッセージありがとう!
これはパソコンでイラストレーターという絵描きソフトで描いています。
namikoちゃんも興味あるかな?
暖かくなったら押日で会いましょうねo(*^^*)o ByYuka

えりんご | URL | 2009/02/16(月) 18:15 [EDIT]
お久しぶりです!!
私も前のブログを消したわけではないんですが、
もう一度ちゃんと自分と向き合おうと思って、違うブログを立ち上げました。
もしお暇でしたらURLを付けておくので、遊びに来てくださいね♪

この絵、たしかにYukaさんの絵なのに、
ほんと懐かしい気持ちがします。
なんだろー?ちょっとタイムスリップした感じです。
でも優しい気持ちにさせてくれるのは変わりませんね☆
見てて和みます♪
● えりんごさんへ
Yuka | URL | 2009/02/16(月) 22:43 [EDIT]
わぁ どなたかと思いました♪

お久しぶりですね!元気でしたか(*^^*)
自分は更新しないくせに、何度かえりちゃんの所へ行ってみてたけど、
お休みしてるんだなぁって思ってました。
しかしだ~ 新しいお部屋があったなんてね、なんだかすごく嬉しいです。
知らせに来てくれてありがとう!

ここ、もう忘れ去られた場所だけど、
また一から出直しする所存です。
これからもずっと絵と共に生きるのだぁ♪
こっそり行くけど、また遊びに来てね♪
えりんごさんの所も遊びに行きます。

PS えりちゃんの前のブログのアドレスは別に保存してあります

renren | URL | 2009/02/21(土) 10:24 [EDIT]
なつかしい光景・・・ほのぼのできる作品ですね。
夕方の景色を黄色系に 人物や建物のグレー系にしているところがノスタルジックな雰囲気を引き立たせているのかな?
色彩感覚がすばらしいと思います!

母と銭湯に行っている頃のことを思い出しました(^-^)
● renrenさんへ
Yuka | URL | 2009/02/22(日) 01:13 [EDIT]
コメントどうもありがとう!

やっと仕上がりました☆
アップしたの絵は、ブログ用にサイズを変えて
ちょこっとアレンジしてみました。
依頼者さまは直接話は聞いてないけれど、喜んでくれたようで
ほっとしています(*^^*)

懐かしいよね、私も幼い頃はお風呂のない家だったので
家族で銭湯へ行きました。

みんなが素朴に助け合って生活していた時代を思い出しながら、
そしてそんな時代もあったことを子供達にも伝えるために、
みんなで銭湯ラリーを楽しんでもらえたらいいなと思っています。

masaru | URL | 2009/02/25(水) 02:04 [EDIT]
懐かしい風景
素敵な色づかいで川原と草、そして夕方の香りが漂ってきました。
きっと夕焼けの空を見上げると、一番星が輝いているんじゃないかな。
● masaruさんへ
Yuka | URL | 2009/02/25(水) 21:53 [EDIT]
お久しぶりです!

お元気でしたか。

コメントどうもありがとう。

住む街の銭湯ラリーという企画の表紙の絵です。
銭湯とういと昭和のイメージで、子供頃、夕方早い時間に家族でお風呂屋さんへ行った時の事を思い出しました。
今はほとんどの家にお風呂があるからこんな風景は珍しいですね。

夕方の香り・・銭湯の帰り道、道端に咲いていたオシロイバナの香りが
私のお風呂にまつわる夕方の香り・・
そういえば、オシロイバナの絵のコメントにもそんなことを書いたような。

見上げると一番星が、
masaruさんにはこの絵になくても
ちゃんと見えるんですよね。

milesta | URL | 2009/02/27(金) 09:41 [EDIT]
こんにちは。
懐かしいですね。いろんな意味で。
この色合い、私が子供の頃よく行っていた本屋さんがつけてくれるブックがバーに似ているんですよね。懐かしい。
それに銭湯。私の小学校に二人も銭湯の息子がいました。それくらい銭湯に行く人か多かったんですよね。他にも八百屋さん、お蕎麦屋さん、お寿司屋さん、お菓子屋さん、薬屋さん・・・「○○屋さん」の子供がいっぱいいました。
それから北海道に住んでいたときのこと。どこの町にもたいてい温泉があって、家にお風呂があるのに子供達とよく行ってました。観光地じゃないから地元の人ばかりで、いわゆる銭湯なんですよね。桶じゃなくてブラスティックのカゴにシャンプーとかタオルとか入れて持っていくのが、ちょっと現代風。
素敵な絵をありがとう。
● milestaさんへ
Yuka | URL | 2009/02/28(土) 02:10 [EDIT]
こんにちは。

milestaさんの懐かしい思い出の風景、
ありがとうございます。

このテーマでいくつか思いついた風景の中の1つが、映画「3丁目の夕日」の世界でした。それで夕日色、こんな色合いになりました。
私は小学校3年生まで近く銭湯へ通っていたんですけど、銭湯でしか会わない、別の小学校に通う友達に会うのがとても楽しみでした。その頃はスーパーなんてなくて、駅も遠かったので商店街もなく、なんでもない通りに、最小限生活するための買い物ができる小さなお店が並んでいましたが、そこの八百屋さんのおじさんは、即興で鼻歌を歌うようにお金を計算してました。
おつりは天井からびよーんと吊られたカゴに入っていて、包み紙は新聞紙でした。
話がそれましたね(笑)
絵はプラスティクの洗面器ですが、実際は洗面器に着替えを乗せてそれを風呂敷に包んで母が持ってくれていました。
洗面器に石鹸は父のスタイルだったと思います。

milestaさんのおかげで、私もまたタイムスリップできました。
ありがとうございます。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © La France Farm. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。