La France Farm
* * Welcome to my gallery * *
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/31(日)   CATEGORY: 番外編
コガネムシ
kanabun.jpg

皆さん、この虫知ってますか。
こがぬ虫、通称カナブンくんです。
昼間どこに隠れてるのか分かりませんが、
夜になると、灯りをめざしてやってきます。母方の故郷熊野へ帰ると、
いつものように、戸を開けっ放してにして皆でご飯を食べていると、
外からカナブンがやってきて、蛍光灯の周りをぶんぶん飛び回ります。
蛍光灯に体当たりするので、カチャカチャ煩くします。
そうすると、祖母か母が捕まえて、縁側の外にたたきつけちゃうんです
追い払っても、すぐ戻ってきて再びぶんぶんやるからなんですけど、
このカナブンくん、身体はまるっこくて、玉虫色にひかる緑色をしてて、
よく見るとなかなか可愛いやつです。
今思い返すと、残酷なことしてたよなって思います。。

昨日の夜、ゴミを捨てに玄関を出たらカナブンを発見o(*^^*)o
懐かしかったので、捕獲してペットボトルに入れておいたら、
隙をねらって逃げ出し、困ったことに電気の所でぶんぶん始まりました・・
捕まえられなくて大変でした。。

カナブンを捕獲して、下へゴミを捨てに行ったら
コンクリの上で蝉がひっくりかえって死んでいました。。
もう夏も終わりですね。。
毎年目にする風景ですが、過ぎようとする季節に
名残惜しさを感じます。

しかし、まだまだ残暑は続きます。
皆さん体調をくずさないように元気に過ごして下さいね(*^^*)

[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● クリスマスビートル
milesta | URL | 2008/09/05(金) 12:17 [EDIT]
オーストラリアでは子供たちは、クリスマスビートルと呼んでいました。クリスマス時期が夏ですから、その頃ぶんぶん飛び回っているのです。
ある時うちの子が、これを拾って、蜘蛛の巣にエイッと投げて「引っ掛かった~。」と喜んでいたのです。そしたら、すかさず蜘蛛がやって来て、あっという間にクリスマスビートルを糸でぐるぐる巻きにしてしまったのです。考えようによっては残酷なのだけど、そのぐるぐる巻きが、あまりにも素早く美しくて、子供と一緒に見とれてしまいました。
● milestaさんへ
Yuka | URL | 2008/09/05(金) 18:43 [EDIT]
そちらではクリスマスの時期だからクリスマスビートル!
そうしたら、蝉も蝶々もクリスマスが付きそうな。
私はあの玉虫色に光る甲がクリスマスの飾り付けのイメージです。

先日アースというドキュメンタリー映画の中で、野生動物が
生きるために狩をする映像がありましたが、
チーターがインパラの子供を、ライオンが集団で象をしとめますが
生きるためには仕方がないと分かってはいますが、早送りしたい気分でした。

ぐるぐる巻きが素早く美しい・・
そうですか、蜘蛛が作る巣も素晴らしく芸術的で、
見とれてしまいます。

先日友達からシャッターにつぶされてぺしゃんこになってる
カナブンを見たって聞いたばっかりで・・
なんて浮かばれない昆虫(笑)

| URL | 2008/09/06(土) 13:13 [EDIT]
★こんにちは。お久しぶりです。いつも訪問はさせていただいて絵を見せていただいていますよ。
★Yukaさん、虫すきですか?、私はjこどもの頃、飛騨育ちですから虫を捕ったり、噛まれたり、刺されたり、踏みつぶしたり、しながら大人になりました。生き物とのかかわりは全て虫から学んだようなものです。夏休みの一研究はずっと昆虫採集でした。ある年は‘蛾科’ばっかり、ある年は‘コガネムシ科’ばっかり、というように、中学校時代はちょっとマニアックな昆虫採集もしました。
★Yukaさんのコガネムシを見て、昔を思い出しました。懐かしいな…。
ゴキブリ以外の虫は全て仲間です。
いまでも、カミキリムシやハムシのような極端な害虫は踏みつぶし、セミのような命短いヤツは捕って孫に見せてから逃がしたりしながら…。
● 玉さんへ 
Yuka | URL | 2008/09/09(火) 10:49 [EDIT]
玉さん、こんにちは。

先日はありがとございました。

私、虫好きですよ。ゴキブリだけはぜったい許せませんが、
蜘蛛なんかはしんぷりで同居してます。

私は東京生まれの東京育ちなので、虫との思い出はあまりありませんが、
子供の頃は、母が故郷熊野へは夏と冬に里帰りしていてたので、
そこではいろいろな珍しい昆虫にお目にかかりました。

鬼やんまとか黒い大きなアゲハチョウとか
その優雅な美しさは今も目に焼きついてます。
裏山はミンミン蝉の大合唱で、夏の終わりになるとヒグラシに代わったりして
季節の移り変わりを感じる事もできました。

長い間滞在していると、することがなくて、小さなプラスチックの水槽に蟻を集めて、
巣を作りを観察しよう!なんんて事をして遊んだりもしました(笑)

噛まれたりといえばムカデ・・私は被害にあったことはないけれど、
父は良く被害あって・・で、そこでもまた母が登場して、
挟みでぶつ切りにしてしまうんですよぉ(笑)
それでもうねうね生きているしぶといやつでした。。

刺されえるといえば、アブ、これは私も祖母が手作りしたハエたたきで
駆除してやりました。これにさされるとすごく痛い(~o~)
ムカデもアブも害虫ですね。。

だらだら書いてしまいましたが、
今はもう祖母もいないので法事以外訪れることはなく、懐かしい思い出です。

私も玉さんのおかげで再び熊野の夏を思い出しました。
ありがとうございました(*^^*)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © La France Farm. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。