La France Farm
* * Welcome to my gallery * *
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/08(日)   CATEGORY: 番外編
escalator rule
escalator.jpg

*皆さまの貴重なご意見お待ちしてます*↓ 
6月に入り東京はうっとうしい梅雨に入りました。
皆さん元気にお過ごしですか(*^^*)

今日はちょっといつもと違うパターンで絵作ってみました。
というのは、先日すごく気になる事柄がありまして、
といっても、たいしたことではないのですが、書きますので読んで下さいね。

電車を降りて、登りのエスカレーターに乗った時の事です。
東京では、急ぐことのない人は左側に乗り、早く上がりたい人は右側に乗り
階段のように登って行きます。もう暗黙ルールになっています。
その時、私は左側の位置に立ちました。
(私の前には小さい子供とお母さんが並んで真ん中に乗っていました)
その時です、20歳くらいの女性が右側に乗り、早く登りたくて、
「すみません!」とその母親に声を掛けたんです。
そうしたら、その母親は「階段があるでしょ!」コワ~イ顔をして言い放ったのです!
もちろん、今から戻れとるわけがないので、戒めで放った言葉だと思いましたが、
その女の子は憮然とした顔で母親を見ていましたが、
とうとうその女性はエスカレーターの終点まで、それ以上進む事ができなかったのです。 もちろん、その女性が止まってしまったので、その又後ろの人達も後に続くという事態になりました・・・!

これはどちらの行動が正しかったんだろうと考えるのです。

確かにエスカレーターの登り口の所に、子供を連れた人は
①子供の手をつなぐ ②手すりにつかまる ③黄色い線の中に立つ
と書いて、親子、手をつないだシールが貼られていました。
そのシールもいろいろで、親は左で子を真ん中にして、右のスペースが少し空いているケースと もう誰も通れないくらい均等にならんだ絵がありました。

私個人の気持ちとして、マークと注意書きを見ると、確かに母親のあのセリフは
間違ってないなと思うけれど、子供を少し母親に寄せて通してあげるべきだった
じゃないかって思うのですが、確かに早く行きたい人は階段を上ればいいです、
でも加速付のエスカレーターはやっぱり魅力で、
時間が無い時は 私も右側を利用します。
なぜあそこまで、頑なに道をふさぐ必要はあったんだろう・・
けれど、 お子さんをお持ちの方は切実に感じていたことかもしれないのです。

皆さんはどう思いますか。

お住まいの場所はどんなルールになっていますか。

紫陽花が開花しました。
曇りや雨の季節のなんとなく憂鬱な気分にぴったりの
淡くやさしい色彩に心なごみます。

それでは、皆さんの貴重な意見をお待ちしています♪

*今回のエントリーは初の試みです。
けれど、これは本筋の構想ではないんです*^^*v ククリ
[ TB*0 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2008/06/09(月) 16:30 [EDIT]
★こんにちは。
★yukaさん、デパートでお買い物ですか?それとも電車のプラットホームへ、ですか?
★いつも見ているあわただしい場所の風景ですが、yukaさんにかかると優しい風景になりますね。
● 玉さんへ
Yuka | URL | 2008/06/09(月) 16:35 [EDIT]
玉さん、こんにちは。

コメントありがとうございます(*^^*)

やさしい風景、嬉しいです。が、この女性は実は怖い顔してます。
今回は珍しく 続を読む があるんですよ。

よろしければ見てくださいね。

えりきん | URL | 2008/06/10(火) 21:47 [EDIT]
私も別に少し寄って、譲ってあげてもいいと思います。
親子のお母さんも決して悪いとは思いませんが、
もう少し「言い方」があるんじゃないかと思いますし、
エスカレーターは本来立ち止まって乗るもので順番があるし、
本当に急いでいるのなら階段を使うべきなのかもしれません。
この場合、ほんとに難しいですね。
きっとどちらも正しく、どちらも間違っていたのかもしれません。
ただ、もし自分だとしたら・・・、
人の迷惑になることはしたくないし、
出来る限りは人と助け合いたいし、
そういうことを思いながら日々行動するしかないのかなーって思いました。
● えりきんさんへ
Yuka | URL | 2008/06/10(火) 22:51 [EDIT]
えりきんさん、こんばんは

そうそう、本来エスカレーターは立ち止まって乗るものだったのに、
いつからか、右側が歩く人の通り道に成ってしまった感じです。
でも、私は特にその暗黙に出来たルールに疑問は持っていなかったんです。
けれど、その小さな子供をつれた親子の発言を聞いた時、はっとしたんです。
子供は真ん中に乗せるという決まりにはなっているから、
母親側に寄せても、下からひっきりなしに登ってくる、特に身体の大きな男性なんかにもしかして当たってしまうこともあるかもしれなと、
私は気が付かなかったけれど、危険だと感じているはたくさんいるのかもしれないなと思いました。

確かに言い方もありますよね、
その母親の言い方は、今までの不快な経験が蓄積されているような怒りこもったものでした、それだけ嫌な思いをしたのかもしれません。

私もえりきんさんの意見同様、他人さまであっても、困ってる人がいれば手をさしのべたいし、先に行きたいと思っている人には気持ちよく譲ってあげたい、
そう思います。

忙しい中どうもありがとう!すごく参考になりました(*^^*)
● Yukaさんお久しぶりです(^0^)つ♪
Kikurage | URL | 2008/06/13(金) 15:56 [EDIT]
どうもご無沙汰しておりましたKikurageですm(_ _)mペコリ

最近、やっと何とか復活出来ました。
小説よりも、写真の方がメインになったりしてます(^^;)


今回のイラストは、エスカレーターに乗っている様子を描いてますね☆

やはり、道徳的な部分だと思いますが、譲り合いの気持ちが大事だと思います♪
なんにしても、それが基本の様な気がします!
● Kikurageさんへ
Yuka | URL | 2008/06/13(金) 18:41 [EDIT]
Kikurageさん、こんにちは。

コメントどうもありがとうございます(*^^*)

私も写真撮るの好きですよ。
普通のデジカメですが(^^;

譲り合いの気持ち・・
ですよね、譲り合うことで双方ちょっといい気持になれるなら、
臨機応変に対処した方がいいなと思います。

貴重なご意見ありがとうございました(*^^*)

マイペースでいきましょう♪
● 難しい問題です。
milesta | URL | 2008/06/16(月) 21:20 [EDIT]
こんにちは。珍しいエントリですね。
私は以前働いている頃は、いつも右側を歩く派でした。それも全速力で。子供が生まれてからは子供と一緒に左側に寄って立っていました。最近、「片側を空けずに両側に立てば、多くの人が待たずにエスカレーターに乗れてよい。」という意見を見て、なるほどと頷きました。
エスカレーターの使い方について、きっと皆さんそれぞれの考えがあって、今回のようなことになるのでしょう。
今の私は「みんなぁ、歩かないで詰めて乗ろうよ派」なので、心情的にはそのお母さんの気持ちもわからないではないですが、慣習に対してあまり頑なすぎるのもちょっとなぁと思います。私の場合「みんなぁ」がポイントですから一人で断行する勇気はない。(笑)
あと、通り抜けようとした女性の言い方にもよるかな?親子に対して「邪魔よ。」という感じだったら、意地でも通さないかも。申し訳なさそうだったら「どうぞ、どうぞ。気づかないでごめんなさいね。」と快く通してあげる。(笑)結局、コミュニケーションの問題なのかな?
● milestaさんへ
Yuka | URL | 2008/06/17(火) 21:25 [EDIT]
milestaさん、こんにちは

せっかくいろんな方とコミュニケーションをとれる場なので
皆さんの意見を聞いてみるエントリーも楽しいなぁと思いました。

なるほど、片側を開けずに両側に立つ そういう乗り方も在りますね!
確かに、電車を降りてエスカレーターの乗り口は人で大きくふくらんでますものね。
乗るまでに時間がかかります。想像してなかった意見です。

そう、言い方ってありますよね、実はこの話にちょっとした前置きありました。
私は、エスカレーターの方に歩いて行く時、その「すみません!」っと言った女性の持っていた紙袋に足があたって、結果的に蹴ってしまった形になってしまいました。
そうしたら、その彼女は、これまたすごいコワイ顔して私を睨み付けたんです!
自分としてはわざとやった訳ではないのに!って思ったんですけど、
謝ることにしました。もちろん、謝るつもりでしたが、先に睨まれたので非常に気分が悪かったです。
そして、すぐその後に親子とのトラブルがありました。
心のなかで、ほーら、意地悪すると意地悪されるんだよ、って思って、ぜんぜん同情の気持ち、沸いてこなかったんですけどね(笑)

やはりルールの問題だけではなさそうですね。。

貴重なご意見、どうもありがとうございました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © La France Farm. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。